RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
リリースラッシュ
ツアーも春に終わり、何のニュースもなかったOASISですが、夏辺りにオフィシャルサイトでベスト盤2枚組が出るとの知らせがあり、ようやく日本のサイトでも確認ができるようになりました、初回限定でDVDが付くとか、あ、また日本盤買わねばならんのね、と思いつつ、同時にシングルボックス発売これ25枚組で35,000円也(ロクにシングル持ってない小僧にはマストアイテムになるのでしょうか?)、更にオフィシャルアルバムも紙ジャケ仕様で再販、別にレコード世代のアーティストではないので、単なる企画モノ以外のナニモノでもないのですが、数々の聴けアイテムではなく、持っとけよアイテムを販売する辺り、もうOASISも大人買いをさせるアーティストになってしまったんだなと思ってしまいました。ベストは未収録トラックが入るので買いますけど、シングルボックスは改めて買い直す必要もあるまいと盤によっては国内盤、UK盤と持ってるわけでアルバムチューンのシングルボックスも持ってるのに(要は現時点で同じシングルを3種持ってるものがあると言う事です)、これ以上買えるかよと思います。それじゃなくてもブー○が更にン百枚あるのに…。

でもベスト盤が出るのって大体…なんですよねぇ〜キナ臭い空気が流れてこない事を祈ります。
author:toyochi, category:音楽, 08:23
comments(0), trackbacks(0)
UDON
映画UDONを見てきました。うどん食いたくなりますね、間違いなく、無性に、カップ麺でもいいから(笑)。
面白い映画でした、香川でそれだけうどんが愛されてるんだなとよく分かりました。
映画とは言え、本当の職人さんが出てる場面もありましたし、それこそご当地は大変なんではないでしょうか?映画の中ほど大袈裟ではなくとも、今人が多いんじゃないのだろうかと思ってしまいます、煽られて食いに行く人もいるんじゃないかなと。
庶民の味だからこそ、味に拘り、沢山の人に愛される郷土料理っていいなと思いました。
ユースケとトータス松本の組み合わせって、「おっ!夕日のドラゴンじゃん!」とちと嬉しくなりました(知ってる人いないだろうなぁ…)。

うどんだけでなく、人の生き方、暮らし方もストーリーに絡めてあり、そういうのはどれが正しいのか分かりませんが、何をどう選ぶのかなんでしょうね、きっと。

ここ読んでる香川近隣に住む友達、うまいうどん送ってくれないかなぁ〜と淡い期待をしたりして(笑)。

今日で夏休みも終わり、めでたく?平日昼間の映画館が再び静寂を取り戻します(笑)、マナーの悪い人も同時に減ります(話題作ほど人が多いと結局劇場で見慣れてない無法者が増えるので)のでちと嬉しいです。

今日は結構人が入ってたのですが、パンチ食らわせたい人はいませんでしたが、
出口に近くない、反対側の通路側の席に座ったのですが、むしろこっちの方がゆっくり見れるかもしれないと思ったのです、出口に近い席選んだばかりに上映中に出入りする人がウザく感じたので。


author:toyochi, category:音楽, 23:29
comments(2), trackbacks(2)
祝!! クラプトン JAPAN TOUR DATES ANNOUNCED
さて広島にはおいでにならない模様…どうしましょう。

CURRENT LIST OF TOUR DATES IN JAPAN
November 11, 2006 (Sat) - Osaka Castle Hall, Osaka
November 12, 2006 (Sun) - Osaka Castle Hall, Osaka
November 14, 2006 (Tue) - Osaka Castle Hall, Osaka
November 15, 2006 (Wed) - Osaka Castle Hall, Osaka
November 17, 2006 (Fri) - Nagoya Rainbow Hall, Nagoya
November 18, 2006 (Sat) - Nagoya Rainbow Hall, Nagoya
November 20, 2006 (Mon) - Tokyo Budokan, Tokyo
November 21, 2006 (Tue) - Tokyo Budokan, Tokyo
November 23, 2006 (Thu) - Tokyo Budokan, Tokyo
November 24, 2006 (Fri) - Tokyo Budokan, Tokyo
November 26, 2006 (Sun) - Sapporo Dome, Sapporo
November 29, 2006 (Wed) - Tokyo Budokan, Tokyo
November 30, 2006 (Thu) - Tokyo Budokan, Tokyo
December 2, 2006 (Sat) - Saitama Super Arena, Saitama
December 5, 2006 (Tue) - Tokyo Budokan, Tokyo
December 6, 2006 (Wed) - Tokyo Budokan, Tokyo

The 2006 tour band will consist of: Eric Clapton, Guitar, as well as Doyle Bramhall II and Derek Trucks also on Guitar, Chris Stainton and Tim Carmon on Keyboards, Willie Weeks on Bass, Steve Jordan on Drums and backing vocals by Michelle John and Sharon White.

上記日程、世界最強のファンサイトから拝借してきたのですが、日本サイドの発表と1点違いがあるのです、日本サイドでは名古屋、札幌公演が発表されてないわけで、こりゃもしかすると
北にゆくのか、もしかしたら西へ来るのか、はたまたな〜んもしないのか、調整中なのかもしれません…もし広島公演決まったら決まったで、嬉しいだけですが、今のとこツアー初日、2日目の大阪参戦内定です(笑)。
author:toyochi, category:音楽, 13:45
comments(8), trackbacks(0)
UDOフェスその後
UDOフェスを見て初めて見たFOURPLAYと芸達者なBEN FOLDSの音源を何とか手にしたいと思い、BENちゃんの方は某オークションでバンド時代、ソロ時代も数枚ゲット、FOURPLAYはさすがに中古も出回ってないようで、CD買うかなぁ〜としばし悩んで、あ、ここならあるかも?と探してみたら見事にありました。ここはアルバム1枚が400円以下でDLできちゃうし、1曲だと10〜20円レベルです。皿に焼き直すのであれば少し音質を上げる為(3段階ありますが、中レベルを皿に落として聴いても支障ないです)に値段上がりますけども、あの曲いいんだよねぇ〜なんて曲1曲だけでもゲットできちゃうからかなり便利です。
特に洋楽は聴いてみたいけどギャンブルだよな…って思う場合はかなり便利です、オススメですよ。

んでFOURPLAYなんですけどオフィシャル盤、聴いてて非常に気持ちよいです。
大人の音楽じゃ〜んって感じで(笑)。遂に俺も本格的にオッサンモードの音楽聴ける耳になったかぁ〜と嬉しいような、悲しいような。
ブルース、JAZZ系が最近はお気に入りです。
author:toyochi, category:音楽, 22:54
comments(0), trackbacks(0)
戻りました。
大阪より戻ってまいりました、帰ってきたらガクンと疲れが出てしまいましたよ…。
で、UDOミュージックフェスですが、人が少ない少ない、去年のサマソニ経験済みなので、それに比べたらかなりの少ない人数。
予想通り、年齢層も高く、まぁ落ち着いて見れるかなって感じで。
前日遅くまで飲んでたので、起きるのが遅くなり、会場へ着いたのは午後1時を回ってました。早々にプリテンダーズが始まってしまうので前へ、イベント自体は朝から始まってるのに、左サイドから行くとフェンスより3列目位まで簡単に行けてしまい、拍子抜け。おかげで近くでクリッシー姐さん見れました。 
ステージが横並びで移動にしても10分以下、片方の演奏が止まると隣のステージの演奏丸聞こえって感じで、それでも支障はありませんでした。
下は芝生でいい感じかな?と思ったら一部濡れててしかも汚水の匂い…。
サンダルを履いて行ったのが幸いしました、靴履いてたら最悪そのまま履いて帰るか、新しい靴買ってた事でしょう。

デカいステージの方は人も多いんで小さい方へ移動、差ほど後ろでも無い所へ陣取る、喫煙所も近いし(笑)。
んでCHAR登場、向こうのステージではDOOBEEブラザーズ、人の移動が激しい(笑)。ずっとCHARを見てましたが、メチャメチャうまい!(当たり前)。
こんなにうまいんかいやぁ〜と感動。
しかも、60年代の有名どころのアーティストの曲のリフ弾きまくるし、挙句の果てには、敬意を表して?SANTANAの曲、丸々コピーしてました(笑)。

CHARの次、FOURPLAY、大変申し訳ないんですが、ライブが始まるまで何モノか知らぬまま見てました、ギター、ラリー・カールトン(ん、何か名前聞いた事ある…)。キーボード、ボブ・ジェイムス(やっぱ、名前聞いたことある…)、ドラム…(スイマセン存じてない方です)、んでベース、ネイザン・イースト(あ、クラプトンのバックで弾いとる、オジちゃんやないかぁ〜)とプチ感動、んでこの4人のオッちゃん達の演奏の上手い事、上手い事、音がエエのもありましたけども、ホントにうまかった、感動でした。

ここら辺りで雨脚が徐々に強くなり、ンやばいかもと思いつつ、時間が空いたので、ジェフベックを数曲見て、BEN FOLDSが始まるのでステージ移動、途中かなりぬかるんできて、足元の状態がかなり怪しい状態でした。
BEN FOLDSが登場した時には既に大雨、どうにでもなれ状態…。
雨のせいかかなり客が少なく(帰る人もチラホラいたので)、すんなり前へ、自分で「こんにちは、ベンちゃんです」に大ウケ(笑)。
このベンちゃん、なかなか芸達者で、CDでは美しいメロディを奏でてたのでカタブツかと思ったら、隣のステージ(ジェフ・ベック)の音が聞こえるとそれをマネしたり、日本語で唄ったり、メチャメチャ面白かったです。
これも楽しかったっす。

この頃になると足元グチャグチャ、雨も慢性状態、雨足かなりキツめ…レインコート着てても全身濡れまくりでした。でも、レインコートなかったらもっと悲惨になってたと思いますけども。
体冷えまくりで、寒いのラーメンを食べる、全然体温まらず…。
残すはサンタナのみで、サンタナ数曲聴いて帰ろうかという話でまとまり、数曲聞いてバス乗り場へ行くも、大阪市内直通(難波、梅田方面)のバスは終演後にしか出ませんとのご案内…(泣)。
再び会場へ戻り、サンタナを聞く、見るではなく聞く、でした。
終演前に再びバス乗り場へ行くとさすがにお目当てのバス用意されておりました。一路、大阪市内へ。

雨は想定外でしたが、それも含めて楽しめました。ステージが近いとか客席も混んでるのにテント平気で張ってる人とか課題は多かったのですが、逆にトイレはそんなに待つ事なく、フードコートも充分用意してあったし(客が少なかったからでしょうが…)、その点ではサマソニよりはまだ良かったと思います。(人が多くて機能してない部分が多々あったので正直辟易した部分は大きいです)狭いのを逆に上手に利用すれば、これ程いいイベントはないと思います、サマソニみたいにデカいのも醍醐味の一つでしょうが、俺はこっちの方が好みかも。しかも腕は申し分のないアーティストばっかりだったし、前でも見れたし、やりようによってはもっともっといいイベントになるんじゃないかなと。イベンターのUDOさん自体がシッカリ宣伝すればもっと人集まると思うんですけども、今年味を占めて来年出るアーティストによっては行きたいなと早くも思ったりしてます。
author:toyochi, category:音楽, 21:18
comments(2), trackbacks(1)
行くぞ大阪!
別に気合入れるわけではないんですが、明日のUDOミュージックフェス参戦の為に前日入りします。気合というより寧ろ、急遽疲れて帰りたくなったら宿があった方がいいじゃんみたいな…(笑)。
県外行くのいつ以来だろう?と考えてみたら、正月以来じゃないかとちとビックリです。
去年のサマソニ参戦で、ある程度野外フェスってもんがこんな感じかってのは分かったのですが、出るアーティストが出るアーティストなので、観客年齢層もおのずと高いわけで、少し落ち着いて見れるかなと思ってます。
去年のようにがっついて見るつもりもないですし、お祭り気分を味わえたらいいかなみたいな、友達も一緒ですし。
心配なのは天気と主催者の手際の悪さですけども。

author:toyochi, category:音楽, 23:26
comments(0), trackbacks(0)
元ちとせ
を見に行きました。4列目のど真ん中でした、TOTOと同じ会場だったんすけども、客層が見事に違うなぁというのが印象的でした、少し前に(ちとせの他公演を)見た友達は声が出てないと気にしてましたが前半はそんな風には感じませんでした、後半ちょっと厳しいかなといった感は否めませんでしたけども。

 ニューアルバムを中心に構成してて、曲ごとの彩りというか、ないはずの形というか、声と体を目一杯使って表現してました、広島に纏わる曲があったのですが、それなんかは凄い力強さというか、そんなものも感じました。

ライブならではのアレンジもあり、へぇ〜、ほぉ〜って感じでした。
1番聴きたい曲も聴けましたし、アンコールでは某バンドのカバー曲が聴けるなんてビックリでした。(シングルのカップリングでカバーしてるらしいのですが、俺は知らず。原曲のアーティストが好きなんで)

普段洋楽シフトなのでバシバシ言葉が入ってきて、一小節毎のことば(コトノハですかね?)が耳に飛び込んできたって感じです。

まだまだ見続けたいアーティストの1人です。

author:toyochi, category:音楽, 23:37
comments(0), trackbacks(0)
MUSIC ♪バトン
湯さんより頂きました

■1.初めて好きになったアーティストは?

佐野元春

■2.初めて買ったCDは?

「風の詩」THE HEART
「ありったけのコイン」The Street Sliders
CDプレイヤー購入記念(&新譜のドーナツ盤発売無記念)
でシングルを2枚購入

■4.今1番好きなアーティストは?

非常に困る…OASIS.ERIC CLAPTON,La oreja de van gogh


■5.1番最近買ったCDは?

GUAPA La oreja de van gogh (スペインのバンド)

■6.普段言わないけど実は好きなアーティストは?

元ちとせ 矢野顕子 
アジアン・カンフー・ジェネレーション
PALMY(タイのアーティスト)

何だ、このバラバラ感は…。

洋、邦、そしてワールドミュージックも聴くので
収拾不可能な感じでしょうか…。




■7.解散して残念だなぁ〜って思うアーティストは?

The Street Sliders 
RC サクセション

■8.初めに思いつく1人のアーティストは?

ERIC CLAPTON 尾崎豊

■9.初めに思いつく2人組のアーティストは?

麗蘭

■10.初めに思いつく3ピースのアーティストは?

stereo phonics

■11.初めに思いつく4人バンドのアーティストは?

OASIS THE HEART

■12.初めに思いつく5人バンドのアーティストは?

ビル・ワイマンが居た頃のROLLING STONES

■13.好きなサウンドトラックは?

RIALITY BITES
ブレイブ・ハート
パイレーツ・オブ・カリビアン

■14.最近1番よく聴いてる曲は?

元ちとせ 今度見に行くので

■15.音楽聴くときに使ってるものは?

コンポ

■16.好きな名前のアルバムorシングルは?

MORING GLORY / OASIS

■17.今までで一番気になるアーティストは?

THE HEART

■18.今までに一番聴いたアルバムは?

MORING GLORY / OASIS

■19.一番好きな曲は?

そんなものは決められない(笑)。

■20.バトンを回す音楽好きな4人

ネットのお付き合いでいるようでいない音楽好き…。
スルーしてもらっても構いませんので。

chiaさん、Shellyさん、ねこつなさん、kindoさん


author:toyochi, category:音楽, 11:18
comments(2), trackbacks(1)
やっぱり凄い!
WOW○Wで放送されたSTONESの来日公演を見たわけですが、面白かったというかやっぱ名曲揃いというか、もちろん新しいアルバムの曲は曲でカッコイイし、いいなぁ〜ストーンズとしみじみ思ってしまいました。
ストーンズファンの中では小僧レベルの俺ですけども、それなりの年数(約20年位)聴いてるわけで、初来日の際は大学受験を放棄して見に行った淡い(のか?)思い出があります。

その初来日が90年、あの時でさえ、最初で最後だなんて言われてたのにあれから何度もやってきて、しかもセンチメンタルなものでも何でもなく、一線でやってるってのが化け物だよなぁと思ってしまいます。
んでまたこれが見ててカッコよいから余計に始末悪いというか、カッコいいんだから仕方ない(笑)。

見てる側は歳食ってても、演ってる側はそこまで歳食ってないような、不老不死の薬でもあるのか?と問いたくなります。
特にミック・ジャガーのシェイプされた体にあれだけよく動けるなぁとエンターテイナーとしての責任をキッチリ果たしてます、ホント素晴らしい。
高い入場料取るだけの価値はあるよなぁと思ってしまいます。

巷ではビートルズはもうメンバー2人もいないし、ますます神格化されつつありますけども、どちらが凄いかって言えば、アルバム出して今もツアー周ってるストーンズの方がどぉ考えても凄いわけで、その割には世の扱いはよろしくないなと思ってしまいます。
昔の雑誌の宣伝コピーで
【全てのロックはストーンズのこどもか、隠し子のどちらかだ】なんてのがありましたが、ウンウンと思ってしまいます。

で、休養中にヤシの木から落ちてしまったキースの続報が入ってきません、
ゾンビみたいな人なので(笑)、『心配かけて、悪かったな』と出てきそうなもんですが、ツアー延期になってるようで、ちと心配です。





author:toyochi, category:音楽, 02:02
comments(0), trackbacks(0)
新譜(これって死語?)
CDの大人買いをしました、最近アンダーグランド(謎)な音楽しか聴いてなかったので、これではいけないと奮起(ウソ)。

送られてきたのがLa oreja de van goghのニューアルバム、JEWELのニューアルバム(前回がイマイチだったので、今回のはどうでしょう?)、KOOKSのアルバム(こちら初挑戦)、んで70年代の音を1枚。
んで先日、友達が持ってきてくれた元ち○せのCDR、至福の時です、同時に何処に収めるんだろうという悩みも出てきますが。

まだ買ったばかりなので感想云々は言えるレベルではありませんが、La oreja de van goghは相変わらず、馴染みやすいメロディーを作るよなぁと感心してしまいます、付属のDVDが英語字幕のスペイン語、字幕を読んでいいんだか、西語を聞いてりゃいいんだか、どっちつかずでチンプンカンプンです。何度か見ようと思ってます、ドキュメントとかインタビューなんですが何言ってるかサッパリワカランです。
これからシッカリ聴きます。

元ちとせもコンサートまで1ヶ月ないのでヘビロテで聴かないといけないんですけどもね。

やっぱ音楽はいいですね。

W杯が始まるまでにシッカリCD聴いておかないとテレビばっか見ちゃうので。



author:toyochi, category:音楽, 23:45
comments(0), trackbacks(0)